お客様の声

クラシード目黒「ポスティング時のあいさつはなぜ必要か?」 

あるポスティングスタッフに遭遇したときのことです。

そのスタッフは20代後半くらいの男性だったのですが、
ポストがある敷地内で出会って

こちらから「あ、こんにちは」と挨拶をしたのにも関わらず
チラリとこちらを見たかと思ったら、

無言でポストにチラシを入れて去っていったのです。
思わず「いりません! 勝手に入れていかないでください」と追いかけそうになりました。

あいさつをしたのに無視されたのは流石に初めてでしたが、自分からあいさつをするポスティングスタッフはかなりレアです。

逆に、自分が住んでいる集合ポストの前、すぐ隣のポストに配布している人を見ても、住人の方々からあいさつしてくれるのはマレです。

なぜなら「この人は怪しい人なのではないか?」と疑いの目でみるからです。

ポストがある場所は、ほとんどが住居の目の前か集合住宅の敷地内。

知らない人がいて何かしていたら「不審者ではないか?」と警戒するのは当たり前のことです。

そして、不審者ではなくポスティングスタッフだと分かっても、無言で入れて去っていくような人が入れたチラシは、見ずにゴミ箱に殴り捨ててやりたくなるのが人間というものです。

警戒心センサーが動いているときなので、いつも以上に不愉快に感じてしまうからです。

また、住人の方によっては、チラシの社名や店名を見て、ポスティング会社ではなく、社名や店名に不快感を持つ場合もあります。

住人の方からしたら、ポスティングをしているのがポスティング会社の人間なのか、会社や店舗の方々なのか全く分からないからです。

こうしたことから、ポスティングスタッフの気持ちの良いあいさつは重要だと考え、クラシード目黒ではポスティングスタッフに「住人の方々への気持ちの良いあいさつ」を徹底するよう指導しております。

ポスティングのお見積り依頼はコチラ

クラシード目黒ホームページ

投稿日:2020年4月3日 更新日:

-新着情報
-

関連記事

目黒のポスティング「質の良さと悪さを見分ける方法」

どのような商品でもサービスでも、質が良くなるほど高く質が悪くなるほど安くなるのが一般的です。   そのときの、用途や状況などによって、質がよく高価なものか質よりも安価なものかを選択するかと思 …

目黒のポスティング 閲覧率30%から70%にあげる秘訣

ポスティングチラシで“あるある”なのが、手に取ったものがチラシをとわかったとたん、見ずに捨てられてしまうということです。   これは本当に、寂しいですよね…   一般的な新聞折り込 …

熱海で人気のプリン屋さん

こんにちは クラシード目黒です。 休みの日に、久しぶりに熱海に行ってきました。 熱海と言えば「熱海プリン」というくらい流行っている プリン屋さんに行ってきました。 期間限定の「パンプキン」まあまあだっ …

チラシだけじゃない! こんな物もポスティングできちゃいますinクラシード目黒

よくお客様から 「チラシじゃないとダメだよね?」 と、ご質問をいただきます。 いいえ! そんなことはありません。 例えば―― ・冊子 ・カタログ ・パンフレット ・試供品 ・ノベルティーグッズ ・紙製 …

目黒のポスティング会社 PDCAサイクルを取り入れるメリット

  突然ですが、皆様は“PDCAサイクル”というものをご存じでしょうか? 最近では、様々な管理やビジネス、目標達成などに取り入れられるようになってきました。   “PDCAサイクル …