お客様の声

洗足と洗足池は電車で18分もかかる

こんにちは
クラシード目黒 矢加部です。

「洗足」というのは、品川・大田両区の間にあります。
その地名の由来は、大田区の南・北千束とともに、この辺り一帯の地名「荏原郡千束郷」。この郷名「千束」については、
千束分の稲が貢祖から免ぜられていたところから名付けられたというのが定説でとのこと。その理由としては、この地にある大池(現在の洗足池)が水源地として灌漑かんがいに利用されていた、あるいは、千人の僧を招いて供養を営む法会ほうえ「千僧供養」の費用に当てる免田であった、などの説があるらしい。

「千束」の一部の地域が「洗足」と書き換えられるようになったのは、
日蓮が池上に向かう途中、ここの大池で足を洗ったという伝説によるもの。
池畔にある御松庵の「袈裟掛の松けさかけのまつ」の伝説とともに、広く流布し、いつのころからか「千束の大池」が「洗足池」と呼ばれるようになったといわれています。

 

目蒲線開通・洗足駅開業、の半年後に起こった関東大震災によって、この「田園都市」は、郊外に住居を求める人びとに一躍注目され、急速に「高級住宅地・洗足」になっていったそうです。

たまに、間違えてしまう

「洗足」と「洗足池」

これで間違いが無くなるかな??

========================
クラシード目黒
矢加部

投稿日:2019年9月22日 更新日:

-新着情報

関連記事

目黒クラシード「ポスティングは地域密着型」が重要!

ポスティング会社によっては、1つの事務所から全く関係のない地域まで配布員を連れていき、そこで配布&配布後現地解散というスタイルをとっているところもあります。   ポスティングをするなら、チラ …

「ポスティングチラシは捨てられやすい」を“一工夫”で解決inクラシード目黒

「ポスティングチラシって捨てられやすいよね? だって自分が捨ててるもんなー」 このようなお声を頂きました。 そのお悩み、“一工夫”することで、ユーザー様に捨てられずに目にとめることができます。 それは …

お気に入りのフードシリーズ

こんにちは クラシード目黒です。 今回は、お気に入りのフード!!をご紹介します。 目黒区内ではないのですが 品川駅構内にある「うどん水仙」の「ゆず胡椒うどん」 つけ麺スタイルになっていて、つけ汁に「ゆ …

目黒のポスティング会社 使用地図でも配布の質は変わる!

ポスティング会社なら必ず使用しているはずの地図。 この地図が、1/8,000や1/21,000クラシードなどのおおまかな道路マップだった場合、密度の濃いポスティングは不可能といえます。 必要なのは、1 …

配布後も大事! クラシード目黒のポスティングアフターサポート

ポスティングで重要なのは 「情報を届ける」ことではなく 「反響を呼ぶ」ことです。 その反響を呼ぶポスティングをするならば 1.ポスティングの企画 2.ポスティング販促物受け取り 3.ポスティング配布計 …